糖尿病の人は食前は特に注意?運動療法は食後が最適

糖尿病の人は食前は特に注意?運動療法は食後が最適

糖尿病の人は食前は特に注意?運動療法は食後が最適

 

 

自分の身体の為、自分や周囲の幸せの為に糖尿病患者は皆食事療法や運動療法の重要性を理解して頑張っています。そして努力を重ねながらも他にもまだできる事は無いかと情報収集にも積極的になるものです。調べた中で食前の運動も悪くないですという情報があると患者としては新しい発見でもしたかのように早速その情報を取り入れたくもなりますよね。

 

実際のところどうなのでしょうか?個人差はあるし、ただ食前にすればよいという事ではありません。正しいやり方や知識の下で行わなければ大変な事にもなります。しかし良いと言われている事は、全て試してみたくなるのも正直な気持ちです。もしかしたらその方法が自分に合っていたという事もあるかもしれないとも思ってしまうので

 

そこでその食前という事に焦点を当てす。

 

◎糖尿病患者が食前にできる事
◎食前に運動するとどうなるのか?
◎食前の運動療法を行っても良い場合は?

 

について調べてみました。

 

1つでも取り入れて何とか糖尿病悪化対策に役立てたいですね。

 

 

 

糖尿病患者が食前にできる事
健康な人と違い、糖尿病の人は食事前と後での血糖値はかなりの差がありますね。それでなくても空腹時の血糖値が基準値よりも高いのです。そして上がった後もなかなか下がらない辛い状態です。病状の進行によっての違いはあるものの血糖値に対して全力を傾けて対応していきたいのが患者の心情というものです。

 

なるべくなら高血糖値は見たくないけど、目をそむけるわけにはいきませんよね。高血糖値になる病気なのですから仕方ないのですが、食前に出来る事は処方されている薬がある場合は忘れないようにという事、仮に忘れた場合は次の食前でまとめて飲む事などしないようにという事があります。そして食前にはなるべく運動をしないという事が大切です。

 

糖尿病の私の母も我が家の食事とする時間の前によくお腹がすいたと言っては口に一口分煎餅などを入れてますが、空腹感を感じた後にドカ食いをする事も避けなければいけません。その為食事時間の前の状態にも気を付けておかなければいけませんね。

 

食欲を抑えて食べすぎを防ぐツボ押しもあります。運動ではないので食前に行いやすいし、それによって血糖値コントロールもしやすくなりますので効果的ですね。

 

 

 

 

糖尿病の人は食前は特に注意?運動療法は食後が最適

 

 

 

食前に運動するとどうなるか?

 

食前の運動に関しては脂肪をエネルギーにする効果が期待できますのでどうしても魅力的に思えるのですが、健康な人でさえ貧血やめまいを引き起こす可能性があるのです。ましてや食前は患者として血糖が低い状態ですので、そんな時に運動をして血糖を下げようとしても結局血糖値コントロールが出来ません。そして人によっては低血糖を起こす人もいますからかなりの注意が必要です。

 

低血糖状態を引き起こすとひどい空腹を感じたり、冷や汗が出始め更には昏睡やけいれんにまで至ってしまうのですから非常に危険です。こういう非常事態に備えて症状抑制に即効性のあるブドウ糖や砂糖などを常に用意しておくと良いのですがこのような事は絶対に避けたいですね。

 

とは言っても患者にしてみればいつでも血糖は下げておきたいものです。その為、時間が許せば気持ちは運動に向かってしまいますね。冷静な判断をする為にも患者一人だけではなく常に家族や知人が側にいる事が良いのですが、なかなか難しい問題ではあります。糖尿病患者がまじめであればある程気をつけたいところです。食前にはなるべく一人にならない状態を作り、気を紛らす事のできる事や物を準備しておくとわずかながらでも良いですがタイミングが難しいです。

 

 

糖尿病の人は食前は特に注意?運動療法は食後が最適

 

 

 

食前の運動療法を行っても良い場合は?
効果的に血糖値を良好に保とうと思うのであれば自己流は避けなければなりません。運動療法においても健康な人が予防対策に運動するというのであれば別ですが糖尿病患者は食前に行なうという事は難しい限りです。目的は血糖値を下げ、糖尿病悪化を防ぐ事でなのです。

 

例えば人には個性がありますので負担に思う事、思わない事はそれぞれに違います。結局自分の身体の事は当然お医者さんにも理解できない事はあります。だから、もしかしたら食前に運動療法を行った方が体調に良いという人もいるかもしれません。しかし基本的な人間の身体に適しているのは例外を別として食後1時間ほど経ってからなのです。

 

種類は有酸素運動とされているウォーキングやジョギング、水泳などが行いやすいですね。

 

自分が好きな運動をチェックして病院の先生に相談する事も良いかと思います。病院の先生も患者が積極的に治療に取り組もうとしているのであれば協力も十分にしてくれるでしょう。ただ、アドバイスされたことは素直に聞かなければ先生も型通りにしか付き合ってくれなくなります。自分で長続きできそうな運動を早めに決定して早速、糖尿病悪化対策に取り掛かりましょう。出来るのであればだれか一緒に行う人がいればなおよいですね。

 

皆で運動療法を良好なものにしていければ希望も大きくなりますよね。

 

 

 

 

 

 

糖尿病にコレステロールはとっても危険?運動療法で予防と改善